企業が取るべき対応

マイクライメイトジャパンは、中国でビジネスを展開する企業が採るべき対応として、以下の4点をご提案します。
1)制度の内容理解(状況把握)

現在中国国内7か所で実施されている排出権試行取引制度は、各地域によって制度内容が大きく異なります。そのため、他都市の制度内容に基づいて行動したとしても必ずしも義務履行とはならない可能性があります。適切な対策をとるためには、その都市の制度内容を理解することが重要です。

2)定期的な自身の排出量の算定(状況把握)

ご自身の二酸化炭素排出量を定期的に算定し、排出枠割当量と比較を行うことによって初めて、どれだけの省エネ努力、或はどれだけの排出枠を売買する必要があるかを判断することが可能となります。今後の省エネ計画を立てるためにも、まずはご自身の排出量を把握することが重要です。

3)排出権取引専門の人員の配置もしくは外部委託(対応)

排出権取引の操作自体は複雑ではありませんが、どのタイミングで売買を行うべきか等の市場分析に関しては、専門の人員を配置することで低コストで義務を履行することに繋がります。社内でリソースを割くことが難しい場合、外部の専門家に委託してコストと手間を省くことも選択肢の1つです。

4)情報収集(今後の準備)

2016年の全国統一排出権取引制度稼働に向け、今後削減対象業界や企業数は増加します。2014年12月に発表された「全国統一排出権管理方法」(方向性)によると、現在試行取引が行われていない地域でも動き出すことになります。変化に備えるためにも、適宜情報を行う必要があります。

 

コメントを残す