《エチオピア滞在記(1)~元マラソン世界記録保持者のホテルに宿泊!》

こんにちは!マイクライメイトジャパンのユウです。

今年7月下旬に、弊社社長とエチオピアに行ってまいりました。今回の出張では、首都アディスアベバだけでなく、南部諸民族州の州都アワサ(Hawassa)と、東部アファール州のアワシュ(Awash)も訪問しました。その時の体験を、いくつかの記事に分けてご報告したいと思います。

今回の記事のテーマは、「アワサのホテル」です。アワサでは、元マラソン世界記録保持者のハイレ・ゲブレセラシエ氏が所有する「ハイレ・リゾートホテル」に宿泊しました。元マラソン世界記録保持者が運営するホテルがどのようなものだったか、写真を交えてご紹介します。

エチオピアは、かの有名な「はだしのアベベ」に代表されるとおり、マラソンはじめ陸上競技で多くの世界的選手を輩出しています。ハイレ氏もその一人ですが、陸上競技選手でありながら資産家でもあり、ホテルやビルの経営、自動車の輸入代理など様々な事業に投資しているそうです。そして同氏が所有するホテルの一つが、このハイレ・リゾートホテルです。

ハイレ・リゾートホテルは、エチオピアに数多くある湖の一つ、アワサ湖の畔にあります。アワサ湖は、グレート・リフト・バレー(アフリカ大地溝帯)上にある湖であり、日本最大の湖・琵琶湖の5分の1程度の面積(琵琶湖が669,20km²であるのに対し、アワサ湖は129 km²)ですが、湖畔は緑豊かで、野鳥の宝庫でもあります。

01_lounge               ロビーの奥にあるラウンジと、そこから一望できるアワサ湖。

02_haile               1階の廊下に飾ってあるハイレ氏の絵。

03_lakeview3階から眺めるアワサ湖。湖の周辺には、湖から獲った魚を塩焼きにして売っているお店がたくさんあると聞きましたが、今回は残念ながら行くことができませんでした。

04_roomnumber               今回泊まった部屋。部屋番号がゾロ目でした。

05_roominterior               部屋の内観。

ホテルには様々なタイプの部屋がありますが、今回は、庭園を眼下に収める「ガーデン・ビュー」タイプの部屋に泊まりました。1泊76米ドルと、このホテルでは最も安い部屋ですが、この時期のアワサは日中20℃強、朝晩10℃強なので暑さに悩まされることもなく、非常に快適に過ごせました。

06_shower               シャワー室。バスタブはありませんが、お湯はちゃんと出ました。

余談ですが、エチオピアに限らず、途上国(特に首都以外の地域)では、冷水シャワーしか出ないホテルもありますので、ホテル選びは慎重に行っています。もちろん、お湯が出ないホテルしかないところもありますので(ときにはシャワーそのものがないことも!)、その時は別途対策を考える必要がありますが、こんな体験も、途上国ビジネスを行う醍醐味のひとつです。

07_pasta

1階のレストランで注文したスパゲッティ・ボロネーゼ。ハーブと組み合わせた色合いも素敵ですし、味もとても良かったです。なぜエチオピアに来て洋食…?と思われるかもしれませんが、エチオピアはイタリアと近いこともあり、本格的なイタリアンレストランもたくさんあるのです。もちろん、本格的なエチオピア料理もたくさん頂きましたが、これはまた後日・・・。

いかがでしたでしょうか。

私にとっては初めてのエチオピア訪問だったのですが、想像以上に綺麗な景色に出会うことができて、とてもワクワクしました。まだまだ写真がたくさんありますので、次回のエチオピア滞在記では、「エチオピアの湖」についてもう少し詳しくご紹介します。

お楽しみに!

コメントを残す