ABEイニシアチブ・インターンシッププログラム ~アフリカからインターン生がやってきた!その1~

ご存じの方も多いかと思いますが、今年8月末に、ケニアの首都ナイロビで、TICADⅥが開催されました。

TICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略で、その名の通り「アフリカ地域の開発」をテーマとする国際会議です。日本政府が主導し、国連・国連開発計画(UNDP)・アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で、1993年から5年ごとに開催しています。

これまでは日本で開催されてきたTICADですが、第6回となる今年の会議は、初めて会場をアフリカに移し、8月27日~28日の二日間にわたり実施されました。

このように、日本政府は、アフリカ地域の開発促進に向けて、アフリカ諸国との連携を強化しようと様々な試みをおこなっていますが、そのうちの1つに、「ABEイニシアティブ」というプログラムがあります。

これは、「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(African Business Education Initiative for Youth、以下、ABEイニシアティブ)」というプログラムで、5年間で1,000人のアフリカの若者に対し、日本の大学や大学院での教育に加え、日本企業でのインターンシップの機会を提供するものです。

弊社でも、アフリカ地域での事業強化を目指しており、昨年に続き今年も、ABEイニシアティブの留学生をインターン生として受け入れることとなりました。

今年のインターン生受け入れは、2回にわたって行われました。8月1日~12日の第1回、8月15日~26日の第2回に分けて、それぞれ2名ずつ、計4か国4名の方にお越しいただきました。

今日は、第1回インターンシッププログラムについて、ご紹介いたします。

8月1日に弊社にお越しくださったのは、ケニアからの留学生Alexさんと、モザンビークからの留学生Momadeさんです。お二人とも、日本の農林水産省にあたる機関から派遣されてきた政府人材であり、Alexさんは神戸技術情報大学院大学の博士課程、Momadeさんは東京大学の修士課程に在学しています。

お二人には、まず弊社事業紹介や、中小企業の海外進出支援を行う上で活用可能な政府制度の紹介を行い、更にアフリカにおける開発課題解決に寄与できそうな日本の技術を紹介しました。その上で、2週間にわたるインターンシッププログラムを通じて、それぞれの出身国における開発課題の洗い出しをして頂き、さらにその課題解決に有効な日本の技術を拾い上げ、実際にどのようなプロジェクトが実現可能か、という事業案をまとめていただきました。

そして、最終日の8月12日に、これらの事業案をプレゼンテーションしていただきました。ケニア、モザンビークではどのような開発課題があり、どのような日本の技術がその問題を解決できるのかがよくわかり、弊社にとっても非常に興味深いプレゼンテーションとなりました。

image1 (1)
最終プレゼンの様子

「農業は“食べていくため”の手段ではなく、あらゆるビジネスに直結する分野」というケニアのAlexさんと、「これ以上国民を飢えさせないために、農業開発は火急の課題」と話すモザンビークのMomadeさん。同じアフリカで同じ“農業”について語る際も、国によってこれだけ課題や立ち位置に違いがあるということ、とても勉強になりました。

お二人には、毎日9時~18時まで出社していただき、私たちと同じフロアで業務にあたっていただきました。業務中にちょっとしたおしゃべりやランチタイムで交流したり、終業時間後に飲みに行ったり、週末は浅草まで東京観光にお連れしたり・・・と、とても楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_3128 (1)
浅草観光

ご家族と離れてひとり、慣れない日本での生活、楽しいばかりではなく大変なことも多いそうです。

それでもお二人は、日本の生活になじみ、言葉を覚え、少しでも祖国と日本の関係を強化しようと、前向きに頑張っていらっしゃいました。

インターンシッププログラム終了後、ケニアのAlexさんは、ケニアから来日された奥様と1年ぶりに再会し、仲良く神戸に戻っていかれました。

モザンビークのMomadeさんは、浅草で購入した大量のキーホルダーをお土産に、研究調査のためモザンビークに一時帰国しました。

とても優秀でまじめなAlexさんとMomadeさん。

お二人のような優秀な人材が、これから日本とアフリカの架け橋になっていくと思うと、わくわくしますね。

以上、第1回インターンシッププログラムの紹介でした。

第2回インターンシッププログラムには、南アフリカとセネガルから留学生をお迎えしました。Alexさん、Momadeさんとは少し雰囲気の違うお二人の姿、次回記事にてお伝えいたしますのでお楽しみに!

【関連リンク】

コメントを残す