株式会社ローソン様のインドネシアでの「コンビニエンスストア省エネプロジェクト」の二国間クレジット(JCM)プロジェクト登録について

株式会社ローソン様が平成26年からインドネシアにおいて実施している「コンビニエンスストア省エネプロジェクト」が、平成28年6月13日(金)付けで、日・インドネシア間で実施される二国間クレジット制度(JCM:Joint Crediting Mechanism)プロジェクトとして登録されました。

本プロジェクトは、現地小売大手PT. MIDI UTAMA INDONESIA Tbkが首都ジャカルタ周辺において展開しているコンビニエンスストアチェーン「Alfamidi」12店舗を対象に、インバータ式エアコン、LED照明、自然(CO2)冷媒冷凍冷蔵ショーケースの3種類の高効率機器を導入したものです。これにより、店舗の電力消費量及びCO2排出量を削減することで、地球温暖化の抑制に貢献しています。

JCMとは、日本企業が発展途上国において実施する温室効果ガスの排出削減プロジェクトによって生じた排出削減量(JCMクレジット)の一部を、日本の排出削減目標の達成に活用する制度です。JCMプロジェクトの実施により、平成42年度までに累積5,000万~1億トンのCO2排出削減・吸収量が見込まれています。なお、本プロジェクトは平成26年度に環境省のJCM設備補助事業として採択されたものであり、インドネシアにおいては6件目、JCM全体としては13件目のプロジェクト登録となります。

マイクライメイトジャパン株式会社は、本プロジェクトによるJCMクレジット創出に向け、①各種プロジェクト導入機器による排出削減量を定量化する方法論の開発・承認、②JCMプロジェクト登録に必要なプロジェクト設計書(PDD:Project Design Document)の作成、③JCMプロジェクト登録申請においてご支援致しました。弊社はこれまでJCMを活用して様々な企業様を支援させていただきましたが、JCMプロジェクトの登録に関わったのは今回が初めてとなります。今後は本プロジェクトによるJCMクレジットの発行を目指し、排出削減量の算定・報告・検証(MRV:Monitoring, Reporting and Verification)において、引き続き株式会社ローソン様を支援してまいります。

 

【関連リンク】

 

【本件に関するお問い合わせ先】
マイクライメイトジャパン株式会社
カーボンプロジェクトディビジョン
担当: 清家、ユウ
電話: 03-6228-3616
メール: carbon-g@myclimate.jp

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。