債務整理にはどんな方法があるんでしょうか?

債務整理の方法

債務整理にはどんな方法があるんでしょうか?

大きく分けて、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求があります。

 


 

債務整理の種類

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

借金帳消し

×

財産は手放さなくて良い

×

裁判の手続きは無い

×

×

資格制限のある職業に就ける

×

ブラックリストに載らない

×

×

×

破産者名簿に載らない

×

官報に名前が載らない

×

×

債権者の同意がいらない

×

海外旅行に行ける

 

任意整理

利息をなくして、月々の返済額を下げます。
裁判所は通さず、弁護士や司法書士(代理人)が、債務者と交渉して和解を結ぶ方法です。債務整理の中では一番メジャーな解決方法ですね。

 

定期収入があって、利息さえなければ返済が続けられて、完済できるのに!っていう人向きです。

 

任意整理できるかどうかは、利息をカットした後の借金を3年(遅くても5年)で返せるかどうかが判断の目安になります。

 

個人再生

3年でいくら返す、っていう金額を決めて、それ以上の金額は免除してもらう方法です。

 

民事裁判になって、官報にも名前が載ります。

 

住宅ローン以外の借金が5,000万円以下で、定期収入があることなどが条件。債務の金額を1/5にして、3年以内に分割返済していきます。家を手放さなくても済むのがポイント。

 

自己破産

借金の額が大きく、返済が不可能と判断してもらって、借金を0円にする方法です。

 

借金がチャラになるというメリットがあるものの、それ以外のデメリットが大きく、できれば自己破産は最終手段にしたいところですね。

 

99万円を超える資産は全て差し押さえられますが、生活や社会生活に必要な物は差し押さえられません。なお、資産は自己申告制なので、車など所有者がはっきりしている(車検証などで)もの以外は、配偶者の持ち物です、なんてことにすれば差し押さえを免れることも…。

 

自己破産しても、プライバシーはある程度守られますし、仕事を奪われることもありません。

 

もしも…もしも、命を絶つほど借金で苦しんでいるなら、もちろん自己破産を選んだほうが賢明です。

 

過払い金請求

 

法律で定められている以上の利息を合わせて完済済みの借金のうち、法定外の利息を取り戻すというもの。

 

2010年の貸金業法改正前に借りたお金は、法定外の金利で貸付けされている可能性があるんですね。ちなみに、過払い金請求が殺到して、けっこう大手の金融業者も倒産してしまっています。倒産したら過払い金請求はできないので、早めに手続をしましょう。

 

過払い金請求は、資格がなくてもできる(あなたにもできる)のですが、手続きはややこしいです。間違いなく請求するには、弁護士や司法書士を通したほうが確実です。なお、140万円以下の過払い金請求だけなら、司法書士を利用したほうが報酬などは安くなるケースが多いです。

 

債務整理にはどんな方法があるんでしょうか?

債務整理にはどんな方法があるんでしょうか?

page top