自己破産ができないケースってあるの?

自己破産できないケース

自己破産できないケースってあるんでしょうか?

破産法252条1項で規定されているものが自己破産できない条件(免責不許可)になります。

 


財産隠しをしていた場合

財産があるのに、財産目録からワザと外していたような場合。自分の財産を親類などの名義に書き換えていたりすると、これにあたります。

 

カードのクレジット枠を現金化していた場合

破産直前にカードで買物をしまくって、物を売って現金化していた場合。

 

ドラマでたまに見かけますが、コレをやってしまうと自己破産後も借金として残ります。

 

特定の相手にかたよった弁済をしていた場合

自己破産前に、お世話になったあの人にだけは!と、特定の相手に偏った弁済をしていてもアウト。

 

これは、ついついやってしまいそう。

 

ギャンブルや投資でお金を浪費していた場合

 

競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資、不動産投資、FXなどで失敗したお金を使った場合は自己破産できません。

 

バブルの頃に株式投資などで巨額の借金を作った芸能人が、自己破産せずに返済を続けるのはこれが理由かも…。

 

参考)バブル時代の芸能人の借金ってどのくらい?

 

ウソをついてお金を借りていた場合

 

身元を偽ってお金を借りていた場合には、自己破産できません。というか、詐欺罪にあたり、逮捕されます。

 

その他

 

自己破産の手続きに必要な、債権者一覧とか、必要な提出書類にウソを書いたりすると、自己破産が認められません。

 

なお、これらの場合は自己破産できませんが、債務整理(=借金を圧縮)は可能なケースがあります。手遅れにならないうちに、専門家に相談したほうが良いかも知れません。

 

自己破産ができないケースってあるの?

自己破産ができないケースってあるの?

 

page top