今が食べ頃!上海蟹~!

こんにちは、中国事業担当の倪(ニイ)です!
先週まで中国上海へ出張に行っていたので、今日は上海蟹について紹介したいと思います。

上海の秋といえば、なんといっても上海蟹ですよね!
日本のタラバ蟹やスワイガニよりも小ぶりですが、濃厚な蟹ミソが美味しい!!

シーズンとしては9月下旬~1月頃。なかでもお腹にたっぷり卵を抱く10月の雌蟹、ねっとりとした白子が最高の11月の雄蟹が特別に美味しいと言われています。

正式名称はチュウゴクモクズガニ、中国のほぼ全土に生息する淡水蟹です。そのうち長江下流で捕獲されるものが上海蟹。

(実は中国では “ 上海蟹 ” とは言わず、「大閘蟹 da zha xie」 と呼ばれています。)

産地で有名なのは、江蘇省昆山市巴城鎮にある 「陽澄湖」(上海市の北西に位置する)。シーズン中は陽澄湖ブランドの偽物まで出回るほどの人気!偽物と見分けるために、認証の“指輪”を蟹につけています。
ですので、皆さん“陽澄湖指輪”付きの蟹さんをご購入下さい!笑

2009_11_Solar_Impulse_Illustration_SI
(※蟹のハサミ部分に付けられている透明なプラスチックが認証指輪)

おすすめの食べた方としては、活きた上海蟹をそのまま蒸し器に入れて、約15~20分間強火で蒸しあげる方法です。蒸しあがった上海蟹をショウガ入り黒酢につけて食べれば、素材の美味しさが一番分かります!

2009_11_Solar_Impulse_Illustration_SI

日本でも上海蟹が食べられるお店が多いので、シーズンである今の時期にぜひお召し上がり下さい☆

コメントを残す